ワキガ インフォメーションは腋臭を予防、改善するためのサイトです。

ワキガ インフォメーション

ワキガと汗臭いの違いとは? アポクリン腺から分泌されるワキガの汗

   

夏になると汗をかいてしまい、どうしてもワキガの臭いや汗臭い臭いが気になってしまいますよね。しかし、この汗臭さとワキガの臭いはまったく違うという事はご存知でしょうか?

こちらでは、ワキガと汗臭いの違いとは? アポクリン腺から分泌されるワキガの汗 という情報を紹介します。

ワキガの臭いとは?

ワキガの臭いと汗臭い臭いは、どちらも体から分泌される汗が原因で引き起こされています。しかし、ワキガの臭いは汗臭いというよりももっと強烈で刺激の強い匂いがしてしまいます。いったいなぜでしょうか?

この刺激的なワキガの匂いは、実はアポクリン腺から分泌される汗が原因となっています。というのも、温度調整などで汗をかくさいにはエクリン腺という汗腺から汗が分泌されていますが、ワキガの方はアポクリン腺と呼ばれる汗腺が発達してしまっているのです。

エクリン腺から分泌される汗はほぼ90%が水分で無色透明でそこまで臭う事はありません。ですので、普通の人は汗をかいてもそこまできつい匂いすることは無く、いわゆる普通の汗臭い程度ですむわけです。

しかし、アポクリン腺から分泌される汗には、タンパク質や脂質が含まれており乳白色の汗です。そのため、食べ物や飲み物から摂取した成分を汗として排出することとなり、ワキガの甘い臭いをまき散らすことになります。

さらに、このタンパク質や脂質は、ワキや腋毛周辺に存在するワキガ菌と呼ばれるコリネバクテリウムを繁殖させてしまう餌となってしまいます。コリネバクテリウムはタンパク質や脂質を餌として繁殖し、代謝でアンモニアを排出してしまうことでキツイ臭いを発生させてしまいます。

普通の汗臭い臭いとは?

対して普通の汗臭い匂いが何故引き起こされているのかというと、汗によって皮膚の上や服の汚れに含まれる雑菌が繁殖してしまう事で汗臭い臭いが発生しています。

この汗臭い臭いはワキガとは違い、汗に含まれるたんぱく質や脂質が原因ではなく、服や肌の汚れが原因で引き起こされています。そのため、日ごろから体の汚れや服の汚れに気を付けておくことで劇的に改善することができます。

しかし、この汗臭い臭いを気に掛けるばかりに、汗をかかない生活を続けてしまうと、汗腺が詰まってしまい代謝物をため込んでしまう事になります。そうするといざ汗をかこうとすると汗腺の汚れも一緒に排出することとなり、より激しい汗臭い臭いをまき散らすことになってしまいます。

また、普段から便秘気味な方はさらに要注意です。というのも、便秘気味だと腸内ガスを体内に吸収してしまい、巡り巡って息や汗として排出するようになってしまうからです。極端な場合、アンモニア臭どころか大便の臭いになってしまうこともあるので、便秘気味な方は気を付けるようにしましょう。

 - ワキガについて, 体臭を改善