ワキガ インフォメーションは腋臭を予防、改善するためのサイトです。

ワキガ インフォメーション

ワキガの手術治療のメリットとデメリット

   

ワキガの原因は、アポクリン汗腺から分泌される汗や、そこに蔓延るワキガ菌です。そのためワキガ対策では、このアポクリン汗腺を物理的に取り除く、ワキガの手術治療がもっとも確実です。

しかし、このワキガの手術には確実にワキガの治療ができるメリットの反面、手術の痕や手術費用などいろんなデメリットもあるわけです。

こちらでは、ワキガの手術治療のメリットとデメリットという情報を紹介していきます。

ワキガ手術のメリット

ワキガ手術のメリットはまず確実にワキガが再発しないことがあげられます。消臭、殺菌スプレーでのワキガ対策は、あくまで対症療法でしかなく、アポクリン汗腺から汗が分泌されてしまえば、また臭うようになってしまいますね。

しかし、ワキガの治療手術であれば、物理的にアポクリン汗腺を取り除くことができるため、確実にワキガを治療することができるわけです。本当に悩んでいるのであれば、確実であるワキガ手術での治療をお勧めします。

また、気になるワキガの手術費用も、健康保険が適用されれば両脇で5万円と、思った以上に安いもの。悩み続けるよりは、まずは診察してもらってから判断するのがいいかもしれません。

ワキガ手術のデメリット

ワキガ手術のデメリットは、手術跡と、保険適用外のワキガ手術におけるアポクリン汗腺の取り残しです。この二つのデメリットは、ワキガ手術において、どちらを取るかの取捨選択になっています。

ワキガの手術は2種類あり、脇を切開しひっくり返してアポクリン汗腺を直接取り除く手術と、穴をあけて針を通し内側から超音波で粉砕していく手術があります。

ワキガ 手術

脇を切開する手術は、どうしても脇に手術跡が1本から2本残ってしまいます。そのため美容的には大きなマイナスになってしまいますが、その反面目で見て直接アポクリン汗腺を取り除くことができますのでワキガ治療としては確実です。

ワキガ 手術2

穴をあけて針を通すワキガ手術は、手術跡も少ないのですが、練度の低い医療機関によってはアポクリン汗腺を取り残してしまうこともあります。また、確実でない事と、美容目的を優先している事で、健康保険が適用されません。

このように、ワキガの手術では選ぶ手術方法によって、デメリットが大きく変わります。どうしても臭いを取り除きたい場合見栄えもよくしたい場合と、2つの手術方法がありますので、気になる方はもう少し調べてみることをお勧めします。

 - ワキガの治療 , ,