ワキガ インフォメーションは腋臭を予防、改善するためのサイトです。

ワキガ インフォメーション

ワキガの臭いが付いた服に注意 ワキガは服から匂っている

   

汗をかくと気になってしまうワキガの臭い。このワキガの臭いを防ぐために、汗をかいたらしっかりデオドラントしている方も多い事でしょう。しかし、ワキガの臭いは体だけではなく服から匂っている事はご存知でしたか?

こちらでは、ワキガの臭いが付いた服に注意 ワキガは服から匂っているという情報を紹介します。

ワキガの臭いの原因はアポクリン腺から分泌される汗

ワキガの臭いは、汗をかくことで引き起こされています。しかし、通常のほぼ水分で構成されているエクリン腺から分泌される汗ではなく、アポクリン腺から分泌されるタンパク質や脂質が含まれている汗が原因です。

このワキガの原因となるアポクリン腺は、ワキガでない人はほとんど無く、ワキガの人ほどアポクリン腺の量が多くなっています。残念ながらアポクリン腺の量は産まれながら遺伝によって決められており、アポクリン腺の量を少なくすることは手術以外ではありません。

アポクリン腺から分泌された汗には前述したとおりタンパク質や脂質などの栄養素が含まれています。そのため、ワキガの方では汗をかいただけで甘ったるい臭いがするようになります。

その後、アポクリン腺に含まれる汗の栄養素を餌にワキガ菌ともよばれるコリネバクテリウムが繁殖。コリネバクテリウムは汗に含まれるたんぱく質や脂質をアンモニアに代謝してしまい、ワキガ特有の刺激臭を発散するようになってしまいます。

そのため、ワキガの方は汗をかいた際に、しっかり汗を拭きとる事、それから汗を元に繁殖するコリネバクテリウムを殺菌、デオドラントすることが重要なわけです。

しかし、忘れがちなのが、体ではなく服についた汗。実は、ワキガの臭いは体だけでは無く、服にも付着しているんです。

ワキガは服からも匂っている

ワキガは体臭と言われている思われているせいか、体ばかりに気を配ってしまいますが、実は体よりも服が匂っていることが多いんです。というのも、汗をかいた体よりも、汗を吸収した服の生地のほうがコリネバクテリウムが繁殖しやすいからです。

そもそも汗をかいた体は、確かに臭いますが、すぐに汗は蒸発してしまうもの。それよりも、汗をすった服のほうが湿ってコリネバクテリウムが繁殖しやすいんです。そのため体をいくらデオドラントしようとも、服についた汗と臭いが改善せずに、ワキガの臭いをまき散らしてしまうという事になってしまうんです。

さらに、この服に付いた臭いは繊維にこびりつき、なかなか取る事ができません。そのため、ワキガの臭いが服に蓄積し、汗をかかなくてもワキガの臭いがしてしまうという状態に陥ってしまうわけです。

このようなワキガの臭いがしみついた服は、黄ばみが残るようになっています。ワキガの方は、服の臭いでは自身の臭いがするため気づけませんが、黄ばみがある服は確実に臭いをため込んでしまっていますので、しっかり洗うようにしましょう。

 - ワキガについて ,