ワキガ インフォメーションは腋臭を予防、改善するためのサイトです。

ワキガ インフォメーション

ワキガを引き起こすコリネバクテリウム ワキガ菌と呼ばれるワキガの原因菌

   

ワキガはアポクリン腺から分泌されるタンパク質や脂質が含まれている汗が原因です。しかし、それと同時に気を付けなければならないものが、ワキガの原因菌であるコリネバクテリウムです。

こちらでは、ワキガの原因 コリネバクテリウム ワキガ菌と呼ばれるワキガを引き起こす細菌という情報を紹介していきます。

コリネバクテリウムとは?

コリネバクテリウムとは、常在菌と呼ばれる細菌の一種で、誰もが保菌している細菌の一種です。しかし、ワキガ体質の方では、ふつうの人よりも多くコリネバクテリウムが存在しており、ワキガのようなキツイい刺激臭を発生させる原因となっています。

コリネバクテリウムは、タンパク質や脂質や人の皮脂を餌に繁殖していします。そして、これらの餌を分解する際に脂肪酸やカプリン酸などの刺激的な臭いを発生させる成分を発生させてしまいワキガ臭を発生させています。

何故、ワキガの方ではコリネバクテリウムが多く存在しているのかというと、ワキガ体質の方ではアポクリン腺から分泌される汗の量が多く、アポクリン腺から分泌される汗に含まれるたんぱく質や脂質を餌にコリネバクテリウムが大繁殖してしまうからです。

ちなみに、通常の方のエクリン腺から分泌される無味無臭の汗であれば、黄色ブドウ球菌が繁殖しいわゆる酸っぱい汗臭い匂いを発生させています。

しかし、アポクリン腺の量が多いと、黄色ブドウ球菌よりもコリネバクテリウムの量が多くなってしまい、ワキガのような刺激臭を発生させてしまうわけです。

コリネバクテリウムを繁殖させないためにできること

自分でコリネバクテリウムを繁殖させないためにできることは、汗をしっかり拭く事と、殺菌の2種類です。どちらもすぐに、そして同時にもできますので、常に気を付けていきましょう。

まずは、汗をかいたらすぐに拭きとれるようにしましょう。アポクリン腺から流れる汗を放置してしまうことでコリネバクテリウムは繁殖してしまっています。そのため、餌であるアポクリン腺から分泌される汗の供給を断つことで、コリネバクテリウムの繁殖を抑えることができます。

また、汗を拭き取る際には、タオルをアルコールで湿らせて殺菌を同時に行いましょう。この殺菌により、コリネバクテリウムの量が減ることで、ワキガの臭いも若干ですが収まります。

しかし、残念ながらこれらの方法は全て汗をかいた後の対処療法です。根本的な解決にはアポクリン腺から分泌される汗を止める必要があります。

根本的な治療が必要な場合は、ワキのアポクリン腺を手術によって除去するワキガ手術を受ける必要があります。手術というと高額なものが想像されると思いますが、保険が適用されればなんと両脇で5万円~8万円程度で受けることができます。

とはいえ、まだ学生の方や、時間が無いといった方では対処療法しかできないというのも事実。ワキガ手術に至るまでは、まずは汗をしっかりふき取り、殺菌でコリネバクテリウムを減らすなどの対処療法でワキガ臭を乗り切っていきましょう!

 - 体臭を改善 ,