ワキガ インフォメーションは腋臭を予防、改善するためのサイトです。

ワキガ インフォメーション

ワキガ手術の費用は?健康保険や手術の種類によって変わるお値段

   

ワキガの治療で最も効果があるといわれているのが、手術によるワキガ治療です。ワキガの根本の原因であるアポクリン腺を物理的に除去してしまえば必ずワキガは改善します。

しかし、気になるのはワキガ手術の費用!ワキガの手術の費用は高額になるとと思われがちですが、実は、健康保険を使うことで5万円台にまで抑えることもできるんです。

こちらでは、ワキガ手術の費用は?健康保険や手術の種類によって変わるお値段という情報を紹介していきます。

ワキガ手術費用は、健康保険で左右される

健康保険は、労働者、その扶養家族であればおそらくほとんどの人が加入している医療保険です。この健康保険を使えば、高額な手術費用も自己負担3割の費用で行うことができます。

ワキガ手術の場合、健康保険で認められると、手術費用は5万円~といわれています。しかし、健康保険が適用されるかどうかは、ワキガの臭いのレベルによって変わります。

この臭いのレベルというのは、お医者様の客観的な意見によって左右されます。いくら自分が臭いに悩んでいてもお医者様が認めなければ、健康保険は適用されません。逆を言えば、ほかのお医者様なら保険適用されるということもあります。

また、ワキガの手術には、いくらか種類があるのですが、健康保険が適用されるワキガ手術は、限られています。しかも、残念ながら健康保険が適用されるワキガ手術は、傷跡が残ろうともワキガを確実に改善するものだけなんです・・・。

健康保険が効く手術と美容手術の違い

健康保険が効くワキガ手術と、ほかのワキガ手術の違いは、脇を切開後裏返すかどうかといった違いがあります。健康保険が適用されるワキガ手術の場合は、皮膚を裏返し、実際に目で見てアポクリン腺を切り取ります。

保険適用される手術ですと、目で見てすべてのアポクリン腺を除去するため、確実にワキガが改善します。しかし、この手術は、脇の皮膚を裏返すため、どうしても傷跡が残ってしまいます・・・。

逆に、健康保険が効かないワキガ手術では、小さい穴から管を通して、アポクリン腺を除去します。確実にすべてのアポクリン腺を除去するということは難しいですが、傷跡が少なく、体のダメージも小さいことが特徴です。

この管を通してアポクリン腺を除去する手術は、脂肪吸引の技術をもとにしておこなわれています。そのため、普通の病院よりも美容整形外科での手術で行われることが多いです。

健康保険が効くワキガ手術 剪除法

ワキガ 手術

健康保険が効くワキガ手術とは剪除法(皮弁法)と言います。実際の画像を紹介すると・・・相当傷口が目立ってしまうのがわかると思います。そのため、女性や体に傷を見せたくない方などにはおすすめできません。

この剪除法(皮弁法)であればは、健康保険が効きますので、両脇併せて5万円~と思った以上に安く手術が受けられます。傷跡が気にならないのであればこの方法が間違いなくお勧めです。

ちなみに、美容外科ではそもそも健康保険が使えないこともあります。しかし最近では、美容外科でも健康保険が使える剪除法(皮弁法)を取り入れているところもありますので、健康保険ではない手術も気になるのでしたら、比較のために訪れてもいいかもしれませんね。

健康保険が効かないワキガ手術

ワキガ 手術2
健康保険がきかないワキガ手術では、できる限り傷跡を残さないことを重点においた手術が受けられます。管を通して、アポクリン腺を破壊する方法や、小さな穴から器具を通してアポクリン腺を除去するなど、基本的にどちらも小さい穴なので傷跡がほとんど残りません。

この健康保険が効かないワキガ手術は15万円から40万円ほどと、種類によって値段が変わります。とはいえ、ワキガに対して確実に効果があり、かつ傷跡を残さないものは非常に高額になってしまいます。

最近ではミラドライ脂肪吸引のベイザーなど、最新の機材を用いた手術が主流になっています。傷跡を絶対に残したくないけどワキガを改善したい!という方は、健康保険外の治療も考えておきましょう!

 - ワキガの治療 , , ,