ワキガ インフォメーションは腋臭を予防、改善するためのサイトです。

ワキガ インフォメーション

体臭を改善する食べ物 食物繊維と乳酸菌で腸内環境を改善

   

体臭は食べたものによって変化します。動物性たんぱく質や、ニンニクなどを摂取すると体臭は悪化しますが、逆に食物繊維や乳酸菌を摂取すると体臭を改善することができます。

こちらでは、体臭を改善する食べ物 食物繊維と乳酸菌を摂って体臭を改善という情報を紹介します。

体臭の原因は腸内環境の悪化

体臭が改善したり悪化してしまう原因の多くは食べ物にあります。ニンニクや動物性たんぱく質や香辛料の強いものを食べていれば当然体臭は悪化してしまいますし、控えていれば徐々に改善していきます。

ではなぜこのようなものを食べている悪化してしまうのかというと、実は消化器官である腸が関係しています。というのも食べたものを消化、吸収できずに、腐敗した便が腸内に滞ってしまうと、体臭が臭くなってしまうのです。

というのも、この腐敗した便を腸内で放置し続けていると血液中にアンモニアや腐敗した胆汁、悪玉菌によって発生するガスを取り込んでしまいます。そして、汗や皮膚から臭い成分を排泄してしまい、体から臭い匂いがするようになってしまうわけです。

そのため、このような腐敗した臭いや体臭を改善していくためには、まずは腸内環境を改善していく必要があるわけです。そして、その腸内環境の改善にお勧めなものが、食物繊維乳酸菌です。

食物繊維を摂って体臭を改善

食物繊維とは、野菜や果物、海藻類に多く含まれる繊維質の成分です。実はこの食物繊維は食べたところで体に吸収されず、排泄されてしまう成分で、ひと昔前までは食べても無駄なものだと言われていました。

しかし、最近では、この食物繊維をとることで腸内環境が安定するという事がわかってきました。というのも、この食物繊維が腸内を通る際に腸内環境を整えて、排便を促しているんです。そのため、臭いの成分を吸収する前しっかりと排泄できるようになるわけです。

また食物繊維のものを先に食べると、あとから食べた臭いのキツイものを食物繊維がまるっとコーティングすることになります。これにより、体内に臭いの成分を吸収することなく排泄できるようになるわけです。

ですので、体臭が気になる方は、まずは食物繊維の多く含まれているものを多く食べるようにしましょう。先に食べればより効果的に体臭の悪化を予防することができます。

乳酸菌を摂って体臭を改善

乳酸菌とは、腸内で活動し人間の食べて消化されずに残ったカスを餌にして繁殖する腸内細菌です。この腸内細菌には、善玉菌と呼ばれるものと悪玉菌と呼ばれるものの2種類のものがり、乳酸菌は善玉菌の代表格です。

なぜ、乳酸菌を摂取することが体臭予防になるのかというと、乳酸菌の少ない腸内環境だと悪玉菌が大繁殖してしまうからです。というのも、悪玉菌の代謝によって発生するガスが腸から体内に吸収され、汗や皮膚から排泄されてしまい体臭となってしまうのです。

対して、乳酸菌は人間の吸収しきれなかった栄養素の残りカスを餌に代謝として乳酸を分泌します。この乳酸によって腸内環境は酸性へと傾き、悪玉菌の多くが繁殖しにくい環境となり、腸内環境が善玉菌優位な状態へとなるわけです。

そのため、皮膚から腐敗したガスの臭いがするという体臭の方では、乳酸菌を意識して摂取することをお勧めします。特に生きたまま腸に届くと表現されているプロバイオティクスの物を選ぶとより効果的です。

 - 体臭を改善 ,