ワキガ インフォメーションは腋臭を予防、改善するためのサイトです。

ワキガ インフォメーション

汗臭い体臭から臭わない体臭を目指すためにできる5つの習慣を紹介

   

夏の暑い時期はどうしても汗をかいてしまいます。そんな汗をかいた体を放置しているとなんだか酸っぱい臭いがしてきますよね。このような汗臭い体臭はどうすれば臭わない体臭へとなるのでしょうか?

こちらでは、汗臭い体臭から臭わない体臭を目指すためにできる5つの習慣を紹介していきます。

汗をかく運動

汗臭い臭いを防ぐために、極力汗をかかないよう運動を控えているということはありませんか?実はこのような汗をかかない習慣をつづけているとと、いざ汗をかいた時に汗の臭いがきつくなってしまうんです。

というのも、日ごろから汗をかく習慣をつけていないと、汗腺が退化してしまい皮脂や汚れでつまってしまいます。この状態はいうなれば、数日使っていない水道管のようなもので、いざ汗をかいた際に皮脂や汚れを吐き出してしまうのです。

そのため、日ごろから運動で汗を流す習慣をつけておきましょう。そして、運動で汗をかいたあとは、すぐシャワーやお風呂で洗い流しましょう。

ストレス発散

ストレスをため込む事で体臭は臭くなってしまいます。なぜなら、ストレスをため込むことで、臭いの強い汗を排出するアポクリン腺から汗を分泌してしまうからです。

通常の汗はエクリン腺という汗腺から分泌されており、無色透明で臭いもありません。しかし、アポクリン腺から分泌される汗は、白濁色で体内のタンパク質や脂質が含まれてしまっています。

このアポクリン腺から汗が分泌されてしまうのは、緊張やストレスなどが原因です。緊張したときやストレスがたまった際のいわゆるねっちゃっとした嫌な汗は、アポクリン腺から分泌されているということを頭にいれて、ストレスや緊張に注意していきましょう。

汗をかいたらすぐに拭く

汗をかいたらしっかり拭きましょう。汗は、出た直後よりも、放置され時間がたった後に臭いを放出してしまうものなんです。

というのも、汗は本来前述したとおり、ほとんどが無味無臭で汗をかいた直後ではそこまで臭いはしない者なのです。しかし、小量でもアポクリン腺から汗が分泌されてしまうと、そこに含まれるたんぱく質や脂質を餌にして体や服に付着している細菌が繁殖してしまうのです。

この細菌やばい菌が繁殖してしまう際に放出されるものがアンモニアで、汗を吸った服を放置していると酸っぱい匂いがしてしまう原因となっています。このような細菌の繁殖をふせぐためにも、汗をかいたらすぐに拭きとれるようにしておきましょう!

しっかり洗濯

汗をかいたら拭くだけでなく服や下着も必ず洗濯するようにしましょう。実は体臭というのは、体からではなく、服や下着から匂っているという事が多いんです。

というもの、前述したアンモニアを分泌する細菌やばい菌は、体ではなく汗の成分を保持し湿っている服や下着のほうが繁殖しやすいのです。そして、汗をすったままの服や下着を放置していると、細菌やばい菌がコロニーを形成してしまい、臭いが取れにくくなってしまいます。

このような事を防ぐためにも、汗を吸った下着や服は、すぐに洗濯できるようにしておきましょう!

食生活の見直し

常に体臭がキツイという方は、食べているものが原因ということがあります。というのも、アポクリン腺が多い場合、食べたものの脂質やタンパク質の臭いを発散させてしまうからです。

特に気を付けたいのは動物性たんぱく質や動物由来の脂質の摂り過ぎです。摂取した成分の臭いを発散させてしまうため、体が獣臭いような臭いを分泌させてしまいます。

またコショウやカレー粉、ニンニク、ショウガ、玉ねぎ、ネギなど、食べると臭いのキツイものにも注意しましょう。納豆やキムチ、漬物などの発酵食品も食べると臭いがきつくなってしまうものですので気を付けてくださいね!

 - 体臭を改善 ,