ワキガ インフォメーションは腋臭を予防、改善するためのサイトです。

ワキガ インフォメーション

自覚できないワキガの臭い ワキガを自覚するためのセルフチェック

   

ワキガは強烈な刺激臭を発生させますが、その本人は気付いていないという事がよくあります。自身の体臭は大丈夫かな?と心配な方は、ワキガのセルフチェックで確かめてみましょう。

こちらでは、自覚できないワキガの臭い ワキガを自覚するためのセルフチェックという情報を紹介します。

ワキガのセルフチェック

ワキガは強烈な臭いを発生させますが、その臭いの発生源である本人は気付いていないという事が多いんですよね。ですので、ワキガの方の多くは他の人に指摘されるまで気づけずずっと人から距離を置かれているなんてこともあります。

そもそもなぜ、強烈なワキガの臭いにも関わらず自身でワキガに気づけないのか?というと、普段から自身の臭いを嗅いでいるとそれが当たり前となってしまい、違和感を感じなくなってしまうんです。それが幸せなのか不幸なのかは正直わかりませんが・・・。

この自分で気づくことのできないワキガの臭いにはどうやって気づけばいいのでしょうか。気になる方は以下のワキガのセルフチェックをお勧めします。

耳垢が湿っている

耳垢が湿っていたり、黒く濁っている方は、残念ながらワキガの可能性があります。というのも、耳の奥の汗は、ワキガの原因であるアポクリン腺から分泌されているんです。

通常の方であれば、耳垢は風呂上りでもない限り渇いておりパサついた状態で臭いもありません。しかしワキガの方は耳の奥のアポクリン腺から汗をかいており、常に湿ってしまっています。

さらに、このアポクリン腺から分泌される汗には糖分や脂質が含まれており、甘酸っぱい臭いの原因となっています。そのうえ、糖分と脂質によって回りの雑菌を繁殖させてしまう事となり、ワキガ菌であるコリネバクテリウムによってアンモニア臭がするようになってしまいます。

服や下着のワキ部分に黄色いシミができている

ワキガの方の服や下着には、多かれ少なかれ黄色いシミができてしまっています。このワキのシミの原因は、アポクリン腺から分泌される汗に色素まで含まれてしまっているからです。

通常の体温調節で分泌される汗はエクリン腺から分泌されており、この汗はほぼ水分で構成されているためそこまで色が変わるようなことはありません。しかし、ワキガの場合、汗とともに色素そのものが分泌されてしまい黄色くなってしまうのです。

また、ワキガの方が着用した服についたシミの部分には臭いの成分まで残ってしまっています。ですので、兄弟姉妹での服の貸し借りや、オサガリなどには十分気を付けましょう。

ワキに白い粉が付着している

ワキに白い粉が付着している場合、おそらくそれはアポクリン腺から分泌された汗に含まれる糖分や脂質のカスです。そのため、この白い粉が付着しているようでしたら残念ながらワキガでしょう。

通常のエクリン腺から分泌される汗は前述したとおりほぼ水分でできており、かわいたところで白い粉が付着するような事は決してありません。しかしワキガの原因となるアポクリン腺から分泌される汗が渇くと、汗に含まれている糖分や脂質が粉となってあらわれてしまうわけです。

両親がワキガ体質


両親がワキガの場合、まず間違いなくワキガを遺伝してしまっています。
というのも、ワキガの原因であるアポクリン腺の多さは、遺伝によって受け継がれていってしまうものだからです。

そのうえ、両親がワキガである場合、ワキガにまったく気づけないという環境になってしまいます。何せ生まれながらにしてワキガの臭いに慣れてしまっているうえ、本来気付くべき親がワキガの臭いがわからないんですから、どうしても気付くまでに時間がかかってしまいます。

 - ワキガについて