ワキガ インフォメーションは腋臭を予防、改善するためのサイトです。

ワキガ インフォメーション

酸っぱい臭いの原因はアンモニア!刺激臭を引き起こす汗と細菌とアンモニア

   

自分の体臭がなんだか酸っぱい事はありませんか?実はこの臭いの原因はアンモニア。汗に含まれる人の代謝物と、汗をかいた後に繁殖する細菌がアンモニアを生成してしまい、酸っぱい臭いがするようになってしまうのです。

こちらでは、酸っぱい臭いの原因はアンモニア!刺激臭を引き起こす汗と細菌とアンモニアついてという情報を紹介します。

酸っぱい臭いの原因はアンモニア

汗をかいた後の酸っぱい体臭の臭いの原因は、そのほとんどがアンモニアによって引き起こされています。アンモニアとはいわゆるおしっこに含まれている独特の刺激臭がする成分で、体から排出される代謝物の一つです。

このアンモニアは人間がたんぱく質を摂取し腸内で分解された際に代謝物として生成されています。アンモニアは体に毒性のある成分ですので、いったん肝臓の尿素回路で尿素へと変換され、おしっことして排泄されるようになります。

しかし、体臭からアンモニア臭がするのは何故なのでしょうか?それぞれ解説していきます。

汗にアンモニアが含まれてしまっている

酸っぱい臭いの原因であるアンモニアは実は汗から分泌されることがあるのです。というのも、アンモニアが尿素へと変わる前に汗としてアポクリン腺から分泌されてしまうのです。

アポクリン腺とは、体から汗を排出するための汗腺の1つです。このアポクリン腺は汗だけでなく自身の体の代謝物や栄養素までも排出するため、タンパク質や脂質の甘ったるい臭いや、アンモニアなどの酸っぱい臭いをまき散らしてしまいます。

本来汗は、エクリン腺と呼ばれる汗腺から分泌されており、このエクリン腺から分泌される汗は無色透明で臭いはほとんどありません。しかし、運動不足などで汗をかく機会を失ってしまうとエクリン腺が詰まってしまっており、アポクリン腺から汗を分泌してしまうことになります。

このアポクリン腺は、日本人のほとんどの方は退化してしまっており数が少なくなっています。しかし、ワキガ体質と呼ばれている方には。通常の方の20倍から100倍近くのアポクリン腺が存在しており、キツイ体臭の原因となっています。

このように汗にそのままアンモニアが含まれている場合、汗をかいた瞬間から酸っぱい臭いがするようになります。ですので、汗をかいたらすぐに湿らせたタオルなどでふき取るようにしましょう。

汗をかいた後のアンモニア臭は細菌が原因

汗をかいた直後はそこまで臭わないのに、汗をかいて数分してから強烈な酸っぱい臭いがするようになるというのは、服や体に巣食う細菌が原因です。

人の皮膚の上には、誰にでも多かれ少なかれ細菌が常に存在しています。これらの細菌は常在菌と呼ばれており、通常の状態では人に害を与えず何ら問題の無い細菌です。

しかし、汗をかいたあと放置していると、その汗に含まれる成分を餌として細菌が大繁殖してしまうのです。そして細菌は繁殖する際にアンモニアを排出してしまい、独特の刺激臭がするようになってしまいます。

この場合の臭いは体臭というよりは、服や下着からアンモニアの臭いが放出されるようになっています。体の上よりも保湿力の高い服や下着にこそ細菌は繁殖しやすく、細菌が繁殖した場所ほど臭いがきつくなるわけです。

このように汗をかいた後からくるアンモニア臭を防ぐためには、汗をかいた後すぐさまふき取るだけではなく、デオドラントを行うようにしましょう。しっかり汗を拭くと同時に除菌を行うと、細菌の繁殖を予防することができ、アンモニアの刺激臭をある程度防ぐことができます。

 - 体臭を改善